噛み合わせ情報館 >> 噛み合わせ情報館 >> 悪い噛み合わせの原因

悪い噛み合わせの原因

悪い噛み合わせの原因

歯並びやかみ合わせが悪いと、体が歪んだり、視力が低下したり、小児喘息になるなどと、さまざまな全身への悪影響がホームページなどに出ているのです。

しかし、これらの中で歯並びやかみ合わせとの関連性がハッキリと科学的に証明されていることは一つもないと言っていいと思います。

噛み合わせで悪い状態にある人は、噛みにくいので、反対側の歯と顎を使って噛んでしまうのです。

それにより悪くない方の顎が異常発達する結果となるのです。

その結果、顎が異常発達した側の半身が特に過緊張状態になり、身体のバランスを崩す原因になるわけなのです。

噛み合わせに問題があると体に様々な悪い影響をもたらすのです。

デコボコの歯並びだったり、かみ合わせが反対だったりすると、気になって口を押さえてしゃべったり笑ったりする方がいらっしゃるのです。

私たちの所に治療に訪れる方の大半は、このように歯並びやかみ合わせが悪いことを気にされている方なのです。

例えば頭蓋骨やアゴから肩にかけての筋肉に余計な力がかかり、首周辺に集まっている大事な神経を圧迫するのです。

もしかしたら、あなたの長年の肩こりは噛み合わせが原因かも知れないようです。

歯並びが悪い場合は、デコボコの部分の歯磨きが難しいため一生懸命歯を磨いていても汚れが取りきれないことが多いのです。

取り残した汚れの中の細菌が、虫歯や歯周病を引き起こす原因になるのです。

噛み合わせの悪い場合の原因はいろいろと考えられるようですが、最も影響を受けやすいのが、歯並びが悪いことに尽きるのです。

他にも抜く必要性のある親知らずを抜いていない、柔らかい食べ物ばかりを好んで食べているなどの理由からいつの間にか噛み合わせが悪くなるということもあるようです。

歯並びやかみ合わせが悪いと、上下の歯のかみ合っている場所は当然少なくなるようですから、物をかみ砕く効率は悪い状態なのです。

矯正治療によりかみ合わせを治療することは、当然この咀しゃく機能の向上につながり胃腸への負担を軽減すると言われているのです。

さらに、頬杖やうつ伏せ寝などある一定方向からかかる力も噛み合わせに影響を与えるのです。

噛み合わせ情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |歯科 岡山 |歯槽膿漏 歯周病 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |予防歯科 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |岡山 インプラント |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |インプラント 岡山 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |入れ歯 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |矯正 岡山 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院