噛み合わせ情報館 >> 噛み合わせ情報館 >> 噛み合わせと親知らず

噛み合わせと親知らず

噛み合わせと親知らず

親知らずが生える前まではきちんと並んでいた歯でも,親知らずが生えてきたことで噛み合わせが変化する場合があるのです。

原因は、現在の食生活の変化により、柔らかい食物中心の食生活により、顎の発達と歯の数のアンバランスにより、親知らずの生えるスペースが不足している事が、原因と考えられるのです。

親知らずは、虫歯になっているのなら、治療をするか抜くか考えた方が良いと思うのですが、抜いたからと言って、頬や顎の症状がなくなるかは、わからないのです。

これは,すでに顎の骨の大きさとバランスがとれた状態でキレイに生えていた歯列に親知らず割り込んできたために他の歯を傾ける事があるためなのです.

また,親知らずが異常な位置に生えてくることできちんと噛めなくなる場合もあるのです。

痛くなったり治ったりするケースでは、それは、自己の体力調子の変動により起こるわけですから、いずれ、大きな炎症に発展する事が多いようです。

あるいは、慢性化していく事があるのです。異常なく真っ直ぐに生えている歯であれば特に抜く必要はないのです。

虫歯、埋まっている歯、横向きに生えている歯、これらの場合には色々と弊害が出るのです。

特に横向きの歯の場合は、手前の歯を前に押し出そうするのです。結果的には咬み合わせがずれるのです。

このように,親知らずで噛み合わせが悪くなる場合もあるようですので,親知らずの管理には注意が必要になっているのです。

親知らずが顎関節症を作る原因要素が高く梃子でゆう支点の場所で支点が最も。大きく動く第2梃子といわれているのです。

多くの場合、抜くことがベストの治療法と考えられるのですが、きちんと生えて上下で噛めるのなら抜かなくても良い場合もあるのです。

親知らずを抜くか抜かないかは、親知らずが原因となって何らかの支障が出るかでないかによるのです。

傾いたり・横になったり・伸びすぎたり・出れなくなったり・逆にはまり込んだりそこには作用点の動きを変える要素となり顎関節症・側頭骨の回転をおこしから全体のトラブルに繋がるのです。

噛み合わせ情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |岡山 インプラント |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |歯槽膿漏 歯周病 |歯科 岡山 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |入れ歯 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |予防歯科 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |インプラント 岡山 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|矯正 岡山 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科