噛み合わせ情報館 >> 噛み合わせ情報館 >> 不正咬合による障害

不正咬合による障害

不正咬合による障害

不正咬合を過剰に意識することにより,劣等感が生じることがあるのです。

その補償作用として,消極的,逃避的,あるいは闘争的な性格が形成される恐れがあるのです。

不正咬合によって生じる病気は咬合病と呼ばれているのです。その大きな特徴は、原因が歯にあるにもかかわらず、症状が歯以外の部位に出てくることなのです。

そして、その因果関係も一般的にはほとんど知られていないのです。

歯は,食物を捕らえ,咬みきり,噛み砕き,磨りつぶす役目があるのです。

不正咬合で異常な咬合があると,解剖学的に正しい咬合に比べて,咬合接触面積が減少するのです。

咬合接触面積の減少の割合に応じて,咀嚼能率が低下すると考えられているのです. 歯は全体が微妙なバランスを保って支え合い、噛むことができるようです。

その調和が乱れると噛む力が弱まって、食事の楽しみを失うばかりでなく、ひいては栄養障害や胃腸病にもなりかねないのです。

また噛む時に無理な力がかかるため、アゴの周囲の筋肉が痛くなったりもするのです。

障害のなかで見逃してはならないのが、心理的障害なのです。

一般に歯ならびは審美性という点が注目されがちなのですが、これは歯ならびが顔貌、特に口元の感じに対して大きな影響を与えているからなのです。

歯列に隙間ができてたり、噛み合わせがズレていると、音がもれてうまくしゃべることができなくなるのです。

特に、サ行、タ行、ラ行に影響が出てくるのです。会話がもどかしくては、おしゃべりの楽しさも半減してしまうのです。

円滑な社会生活が営めなくなったり、お子さんの場合、学校での生活に問題が出てしまうのです。

歯ならびが悪いことで劣等感を持ち、友人との付き合いを避けたり、人前に出ることに消極的になるなど、社会生活が複雑になるにつれて、歯ならびの悪さに引け目を感じるという心理的障害が大きな問題となる場合もよくあるのです。

噛み合わせのズレはアゴや骨格を通じて全身におよぶのです。コレは人間が直立歩行することと深く関わるのです。

歯を抜いたまま治療を受けずに放置したり、むし歯や歯周病によって、また、入れ歯の噛み合わせに狂いが生じると顎関節の動きに異常が出てきて、それが長期にわたる最終的には顔の形されてしまうのです。

噛み合わせ情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|入れ歯 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|歯槽膿漏・歯周病 治療 |予防歯科 |歯科 岡山 |インプラント 岡山 |矯正 岡山 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |歯槽膿漏 歯周病 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |岡山 インプラント |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ