噛み合わせ情報館 >> 噛み合わせ情報館 >> 噛み合わせ 上顎前突(出っ歯)

噛み合わせ 上顎前突(出っ歯)

噛み合わせ 上顎前突(出っ歯)

横顔を見るとわかるのですが、上の歯だけでなく、下の歯も前に出ているため、全体に鼻から口にかけて前に出ているという印象を受けるのです。

日本人の骨格性上顎前突は上顎が出ているよりも下顎の成長が悪く後方にある場合がほとんどとなっているのです。

顎前突となる原因には、上のあごの成長量が大き過ぎることや、反対に下のあごの成長量が不足していることが挙げられるのです。

下あごの成長量が不足して起こるものをとくに下顎後退と呼ぶこともあるのです。

下顎を前方に出す手術を行なうのですが前方への移動量が大きいほど術後の安定を得るのが難しく、決して簡単な治療ではないのです。

叢生とは、あごの大きさと歯のバランスが悪く、歯が重なり合っている状態のことを言うのです。

上下の噛み合わせが悪く、ハミガキをしても汚れ を磨き残しやすくなってしまうのです。

上顎前突の問題点としては、奥歯を正しく機能させられないことや、前歯でうまくかみ切ることができない、転んだときに前歯を損傷しやすいことなどが挙げられるのです。

上顎前突とは、上の歯や歯並び全体が前に出ている状態、よく言う出っ歯のことでなのす。

歯が出ていると、折れたり唇を切ったりしやすく見た目にも良くないのです。いわゆる出っ歯なのです。

叢生の次に多い症例なのです。出っ歯と一口にいっても、上の前歯が出ているケース、上顎の骨が前に出ているケース、この両方が同時にあるケース、下顎が引っ込み過ぎているケースとあるのです。

下顎が極端に小さいケースは下顎遠心咬合というのです。

上下顎前突とは、上の歯と下の歯がともに前に出ている噛み合わせのことを言うのです。唇を閉じられない症状がよくあるのです。

歯が出ていると、折れたり唇を 切ったりしやすく見た目にも良くないのです。

上顎前突の程度が大きいと、口を閉じても唇がめくれてしまい歯が外から見えてしまったり、普段でも口元が出っ張ったように見えるため顔の外観に強く影響してしまうのです。

出っ歯とよばれる場合に、下の歯も実は出ているケースがあるのです。これが上下顎前突なのです。上

下の歯は噛み合っているのですが、どちらも前に突出しているというケースなのです。

噛み合わせ情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |岡山 インプラント |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |歯科 岡山 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |歯槽膿漏・歯周病 治療 |矯正 岡山 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |予防歯科 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |入れ歯 |インプラント 岡山 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |歯槽膿漏 歯周病 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック