噛み合わせ情報館 >> 噛み合わせ情報館 >> 顎関節症と噛み合わせ

顎関節症と噛み合わせ

顎関節症と噛み合わせ

上下の噛み合わせが全体的に低くなって、下顎が後ろにずれてしまい、顎関節に負担をかけて 顎関節症になっている状態なのです。

この状態もおおよそ自分で確認することは可能となっているのです。

顎関節症の原因が噛み合わせに有るとして様々な治療が行われてきているのです。

歯は土台となっているのは顎なのです。上の歯は上顎骨に固定されているのです。下の歯は下顎骨に植えられているのです。

上顎骨は顔面上部の骨の下端にあって、固定されているのです。

歯科で行われる噛み合わせ治療は、理論的には全身を調整する咬合整体とも呼べるものなのです。

補綴や削合、スプリント治療、歯列矯正等、各歯科医師の診断や理論で行われているのです。下顎骨は顎関節で側頭骨とつながっているのです。

つまり、口が開閉できるのは、下顎を上下に動かすことが出来るからなのです。歯を噛み合わせて鏡を見てみると、通常下の歯は上の歯に上から1/3程度覆われて、歯茎から2/3くらいが見える状態になるのです。

噛みあわせは、上下に向かい合った1本づつの接触ではなく、上下の歯列全体の接触が大切になっているのです。 この接触のことを咬合というのです。

咬合は上下の歯列が最大の接触面を持つ位置で安定されるのです。

ところが、噛み合わせが低くなって下顎が後ろにずれているときは、下の歯が上の歯に2/3以上覆われてしまい、下の歯はほとんど見えなくなってしまうことが多いようです。

顎関節症や咬合不良の原因が様々であり、何が最適な治療法かは確定されていないのです。

上顎は固定されているようですので、この接触面は動くことができる下顎で調整されるのです。

何らかの原因で噛み合わせに異常がある場合には、顎関節に大きな負担がかかるのです。

そうなると、咀嚼に関連する筋肉にも負担がかかるのです。 顎関節症の病因論については賛否両論があるのです。

治療法の選択は、あくまでもケースバイケースであると解釈すべきなのです。

噛み合わせが悪くなる原因には、遺伝子的な要因もあるようですが、虫歯や舌の使い方や、口呼吸などでも、歯並びを悪くするのです。

この中でも一番大切な要素は呼吸なのです。鼻が悪いとどうしても、口呼吸をせざるを得なくなるのです。

噛み合わせ情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|インプラント 岡山 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |歯槽膿漏 歯周病 |歯科 岡山 |岡山 インプラント |矯正 岡山 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |入れ歯 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |予防歯科 |歯槽膿漏・歯周病 治療