噛み合わせ情報館 >> 噛み合わせ情報館 >> 噛み合わせマウスピース

噛み合わせマウスピース

噛み合わせマウスピース

歯科医院で噛み合わせを調整するためのマウスピースの作製は可能となっているようですが、歯列を大きく変化させるようなものは歯列矯正の範疇に該当するのです。

噛み合わせの矯正にマウスピースを用いる方法があるのです。インビザラインというものなのですが、歯列矯正の治療中であっても、ほとんどの人は気付かない透明のマウスピースなのです。

歯の噛み合わせが悪いと、フェイスラインの歪みやイビキ、歯ぎしりの原因になるのをはじめ、カラダ全体のひずみにまで影響が出てくるのです。

自分の歯のサイズに合わせたマウスピースを毎日寝る時に装着することで、自然に噛み合わせを改善。

違和感がある間は慣れるまで1日数時間ずつ、徐々に時間を長くしていくようにしましょう。

装着していることがほとんど見えないので、目立たずに歯列矯正することができるのです。

マウスピースを2週間ごとに取り換え、少しずつ歯を移動させていくというものなのです。

スポーツガードは歯・歯肉を外傷から守るだけではなく、脳震盪を軽減させたり、かみ合わせのバランスなどからアスリートに必要とされる最大の力を増大させる機能をも合わせ持っているのです。

通院回数も少なく、2〜3カ月ごとに歯科医へ通い矯正する方法となっているのです。

食事や歯磨きのときは取り外しができ、費用が比較的安価であることがメリットなのです。

顔の歪みがどのような範囲で、原因がどこにあるのかによってくるようですが、微妙な噛み合わせを変化させることによって顔の歪みの解消を期待する事には無理があるのです。

部分的に従来の歯列矯正をした後で、マウスピースを用いて矯正する方法もあるのです。

そして、このマウスピースを一日に18〜20時間以上装着していなければならない、と制約があるのです。

スポーツは体の様々な箇所に障害をもたらすのです。口の中では、唇を切ったり、歯が折れたりと思い切ったプレイを試みればそれだけの危険が伴ってくるのです。

しかしそのことに気をとられていては、本来の力が出せないのです。

噛み合わせ情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>インプラント 岡山
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>予防歯科
>歯槽膿漏 歯周病
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>入れ歯
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>歯科 岡山
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>岡山 インプラント
>矯正 岡山